産業用太陽光発電システムの価格について

全量買取制度の導入によって、産業用太陽光発電システムを導入する方が増えてきています。
しかし、産業用太陽光発電クラスのシステムになると、総工事費用がかなり大きなものとなります。

少しでも安く設置するためには、注意しておかなければならない点があります。

産業用太陽光発電を安く導入するためのポイント

    • 産業用太陽光発電システムの価格相場を知る
    • 複数の見積もりをとって徹底比較

ここではこの2点について見て行きましょう。

産業用太陽光発電システムの価格相場を知る

産業用太陽光発電システムの価格の相場についてまず知っておきましょう。
太陽光発電システムの価格は、設置容量が増えるほど1kWあたりの価格が安くなります。

概ね次のような価格が最新の相場となっているようです。

    • ~10kW:1kWあたり40万円程度
    • ~50kW:1kWあたり30万円台程度
    • 50kW~:1kWあたり20万円台程度

このようにワット単価は上のようになっています。
そのため、この単価に自分が設置したい容量を掛けたものが導入費用の目安となります。

例えば、20kWの太陽光発電システムを導入する場合、ワット単価の相場は30万円台となっていますので次のように計算されます。

 20kWシステムの導入費用=約30万円/kW×20kW=600万円程度

このように、20kWの太陽光発電システムを導入する場合は、600万円程度が目安となります。

しかしこの値段はあくまで目安であって、これから安くも出来れば、高い値段で購入してしまう恐れもあるのです。

安く購入するためには、次の方法で購入する必要があります。

複数の見積もりをとって徹底比較

上のような相場価格や、それよりも安い価格で購入するためには、購入方法にも注意が必要です。普通に購入してしまうと、相場よりも高い値段で購入してしまうことは間違いないでしょう。

ではどのようにしたら、太陽光発電 相場価格や、それよりも安い価格で購入することができるのでしょうか?

それは、やはり価格を比較することなのです。

複数の業者から見積もりを取得して、安いところを探したり、安くなるように交渉することで、安い価格を引き出すことができます。

このへんはビジネスマンの方ならお手の物なのではないでしょうか?ビジネスマンでないかたでも簡単に安い価格を引き出す方法はあります。

それは一括見積もりサイトを利用することです。このサイトを利用して複数社から見積もりを取るだけで、安い価格を提示してもらうことができます。それは、このサイトを利用することで、販売業者が比較されていることをわかっているからです。

自然に安い金額を提示するしかなくなります。

家庭用の太陽光発電システムは?

家庭用の太陽光発電システムであっても、産業用太陽光発電システムと同じような方法で購入すれば、安く設置することができます。ソーラーパネル 価格を抑えて導入するためにも、購入前の比較見積もりや、ソーラーパネル価格相場のチェックは行っておきたいですね。

2013年7月15日

このページの先頭へ